新年ご挨拶
Share on facebook
Share on twitter
Share on whatsapp

平成29年1月1日

新年ご挨拶

世界救世教
教主 岡田 陽一

本年も、主神の大いなる愛と赦しの中で、輝かしい年の始めを迎えることが できましたことに感謝し、世界中の信徒の皆様と共に、主神と、主神と共にお られる明主様に、謹んで新年のご挨拶をさせていただきます。

新年あけましておめでとうございます。

さて、誠に畏れ多きことながら、私ども一人ひとりの中には、すべての源な る意識が存在いたします。

この意識は、唯一の神であられる創造主の永遠の命の意識であります。

この意識は、私どもの中に、そして、すべてのものの中に充ち満ちており、 この意識によらない存在は、存在し得ないのであります。

明主様は、この意識のことを主神とお呼びになりました。 主神の創造のみ旨は、kyoshu-oesteご自身の子をお生みになることであります。 そのために、私どもの中におられる主神は、すべての創造をお始めになる前

に、まず、ご自身の天国を用意され、その天国において、万物の霊と共に、人 間となるべき霊、すなわち、ご自身の分霊(わけみたま)を、予めお生みになりまし た。

この時、主神によってすべての分霊に刻み込まれた名前がメシヤである、と 私は信じております。

主神は、ご自身の天国を通して万物を創造されるとともに、万物をお使いに なって、私ども分霊を個々別々の自我意識を持つ人間として創造されました。

主神が個々別々の自我意識を持つ人間を創造されたのは、万物と一体である 私ども一人ひとりを再び天国に迎え入れ、主神のみ業を継承し、主神に仕える 者、すなわち、主神ご自身の子・メシヤとして新しく生まれさせるためです。

しかも、私どもの中におられる主神は、ご自身の創造のみ業をすでに天国に おいて成し遂げておられるのです。

しかしながら、私どもは、主神が私どもの中におられるにも拘らず、主神を ないがしろにし、主神の意識を自分の意識とし、その意識を自分の都合のよい 善悪の尺度として使っておりました。

そうした私どもを主神は赦してくださいました。

なぜならば、主神は、私どもをご自身の子・メシヤとするという愛のうちに、 私どもを赦されたもの、救われたものとしてくださったからです。

私どもの中には、主神の愛があるのです。赦しがあるのです。メシヤという 御名が刻み込まれているのです。

そして、私どもは今、主神の子として新しく生まれるために養い育てられて いるのです。

ですから、私どもは、メシヤの御名があればこそ、赦され、救われたものと されていることを思い出し、悔い改め、心を開いて自らのうちに刻まれている メシヤの御名を、改めてお受けさせていただかなければならないと思います。

このように、メシヤという御名は、主神にとって大切な御名だからこそ、私 どもにとって大切な御名なのです。

明主様は、昭和十(一九三五)年のご立教以来、「観世音菩薩(観音)」を始 め、「弥勒(五六七、日月地、ミロク)」、あるいは、「伊都能売(いづのめ)」等 の御名と共に、「メシヤ」という御名を大切にしてこられました。

そして、幾多の変遷と推移を経て、明主様が昭和二十五年二月四日に「開教」 された教団の名称は、「世界救世(メシヤ)教」であります。

この頃、ご発表になられたお歌に

「抜きも差しもならぬ此世(このよ)にメシヤ教出でずば未来は如何になるらむ」 というお歌があります。

そして、明主様がご自身の「明主」というのお名前について、「明主の言霊は、 メシヤと五十歩、百歩だから、あるいはメシヤの名前になるかも知れないとも 想っている」とお述べになり、私ども信徒が「明主様」とお呼び申し上げるの もこの頃からです。

また、同じ頃、明主様は、当初お作りになった『善言讃詞』の冒頭の「世尊 観世音菩薩此土に天降らせ給ひ光明如来と現じ 応身弥勒と化し」のあと、「救 世主(メシヤ)とならせ」と書き加えられ、最後の御名を「メシヤ」とされま した。

「メシヤ」と題する一連のお歌もお詠みになりました。
例えば、 「畏くも大慈大悲の観世音菩薩はメシヤの御名になりませり」 「観音の衣をかなぐり捨て給ひメシヤと生(あ)るる大いなる時」 「観世音菩薩の御名を揚棄(ようき)させメシヤの御名に世ぞ救ふなり」 「大救主(メシヤ)の御名は最後の世を救ふ尊き御名なり心せよかし」

などのお歌があります。 このように、明主様は、観世音菩薩(観音)の本体であり実体がメシヤであ

ることをお示しくださいました。 私は、明主様にとりまして、「観世音菩薩」という御名を始めとする数々の御

名は、今や、「メシヤ」という御名に包含され、融合されていると思います。

また、明主様は、ご昇天の前年の昭和二十九(一九五四)年の四月、脳溢血 の症状を起こして倒れられましたが、このことを「御神業として非常に神秘な 事」と仰せになり、ご自身の中で「メシヤが生まれた」ことを「新しく生まれ る」というお言葉をもってご発表になりました。

そして、六月十五日、「メシヤ降誕仮祝典」を挙行され、主神の子として新し く生まれるという、例えようもない喜びがあることを私どもにお示しください ました。

このメシヤとして新しくお生まれになった明主様が、私ども一人ひとりの中 におられるのです。

その明主様が今、私どもの中で、〝わたしを模範とするように〟と訴えてい らっしゃるように思えてなりません。

そのためにも、私どもが大切にしなければならないのは、ご立教当初の明主 様のお言葉です。

明主様は、昭和十(一九三五)年のご立教後、機関紙としての新聞「東方の 光」と共に、雑誌「光明世界」を発刊されましたが、その創刊号の巻頭言には、 次のようなお言葉が記されております。

神は光にして光のあるところ
平和と幸福と歓喜あり
無明暗黒には
闘争と欠乏と病あり
光と栄えを欲する者は来れ
来 り て――
観 世 音 菩 薩 の 御名 を
奉称せよ
さらば救はれん

このように、明主様は、「観世音菩薩の御名を奉称せよ さらば救はれん」と いうお言葉をもって、この巻頭言を結んでおられます。

しかしながら、私どもは今、メシヤがこの観世音菩薩の本体であり実体であ ることをお示しいただいているのですから、この巻頭言のお言葉は、主神が私 どもに対し、

メシヤの御名を奉称せよ さらば救はれん

と命じておられるお言葉として受けとめさせていただく必要があるのではないでしょうか。 そして、主神の子として新しく生まれるために、明主様と共にあるメシヤの

御名にあって、天国に立ち返らせていただかなければならないのではないでし ょうか。

私は、明主様が天国を地上に造る、あるいは、天国を地上に写すとお説きに なった真の意味は、私どもが自らの中で、地上という世界が天国という世界の 中にあることを認め、その天国に立ち返らせていただくことであると信じてお ります。

私どもは、明主様と共にあるメシヤの御名があればこそ、赦され、救われた ものとして、主神にお仕えさせていただけるという、全く新しい信仰に目覚め させていただきましょう。

そして、全人類をご自身の子とするというみ旨を私ども一人ひとりの中で成 し遂げておられる主神を、父母先祖の方々と共に、また、天地万物一切と共に、 心からお讃えさせていただきましょう。

ありがとうございました。

以 上

Leia também: